ファッション通販はサイズに気をつけて

ファッションの通販は、実店舗と違って24時間365日対応してくれますし、地方にお住まいの方でも利用できることが最大のメリットです。しかし、通販で気をつけたいのが服のサイズ。服のサイズは、ブランドによって微妙に違う場合があります。特に海外ブランドは、日本のブランドとはサイズ表記が大きく違う場合があり、気をつけなければいけません。

最近の通販では、サイズや色が違った場合は返金や交換に応じてくれるショップがほとんどですが、ショップへ返送するなどの手間がかかるので、できればサイズの違いなどのトラブルはなくしたいものです。サイズ違いを起こさないためには、まず自分の体か手持ちの服のサイズを測ってみます。トップスの場合は肩と胸囲をまず測ります。通販サイトには、必ずと言っていいほどサイズ表がありますので、測った数値とサイズ表の数値が一番近いサイズがそのブランドのサイズとなります。

さらに首回り、着丈、袖丈なども気になる場合は測ってみましょう。女性の場合は、バスト回りなども測ると、実際に着てみた時の感覚がつかめるかと思われます。ボトムはさらに細かくなりますが、着られるかを調べる場合は、ウエストとヒップそれから渡り幅を測ります。渡り幅とは太腿の太さです。

これらの数値以下でしたら、そのボトムを履くことはできるでしょう。しかしボトムには他にもズボン全体の長さを指すズボン丈や、ズボンの足の部分の長さを示す股下などの細かい数値があります。好みのボトムを選ぶ時は、ズボン丈や股下の長さなども着目して選びましょう。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.