オーダースーツとその種類

自分の好みの生地や形、自分の体形に合わせてスーツを仕立てるものをオーダースーツと言います。このオーダースーツは大きく分けると3つの種類に分けることができます。まず、テーラーがその人の体の採寸をとり、それを基にして型紙を作成し仮縫いをして調整しながらスーツを仕立てていくものをフルオーダーと言います。自分の希望をテーラーに事細かく使えることができるので、生地はもちろんのことボタンやポケットの大きさ、位置、細部のデザインに至るまで自分の希望に沿ったスーツを仕立てることができます。

ほとんどのものがすべて手作業で仕上げっれるため時間がかかりますし、費用もかかりますが自分だけのスーツを作ることができます。あらかじめいくつかの種類の形が決まっていて、体系に応じて細部を修正して仕立てるものをイージーオーダーと言います。フルオーダーと比べると事細かに希望を聞いてもらえることはないですが、仕上がりは早く比較的費用も抑えることができる方法です。既製品のスーツの中で自分の体形に近いものを、体形に合わせて調整して仕上げるものをパターンオーダーと言います。

オーダースーツと既製品の中間にあたるもので、価格も抑えることができ仕上がりも早いですが既製品に近いものであるので、自分だけのスーツという感じは実感しにくく、オーダースーツの特徴は特別に仕立ててもらうオリジナル感と自分の体形に合わせて仕上げるフィット感であるのでオーダーメイド初心者向けの種類ということができます。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.