立体駐車場のメーカーを選ぶ考え方 - マンションを探す時は駐車場もチェックしよう
  • 立体駐車場のメーカーを選ぶ考え方

    郊外型の大型ショッピングモールなどに出かけると、地上から何階もあるような駐車場が見受けられます。立体駐車場というとこのようなものをイメージしますが、より細かく立体駐車場をみていくと、入口からスロープにより自走して2階、3階へと上の階に上がっていく自走式駐車場と一階部分で車を入庫する際に、窓口の係員等の誘導で一定の場所に駐車してその車がエレベータ−等の機器によって所定の場所まで移動させられ駐車されるタワー式の駐車場とがあります。

    立体駐車場のメーカーの専門サイトのココです。

    それぞれ、敷地の大きさや建設コストやランニングコストがどれくらいかなどを比較検討して建設することとなりますが、この建設をするメーカーについてみていきましょう。

    この立体駐車場を建設するメーカーは、複数ありますがメーカーを選択する際には、この自走式とタワー式のどちらも対応できるメーカーにまず相談してみるべきです。


    なぜなら現在の土地の状況や隣接店舗や周辺部分などの集客状況を踏まえてどの方式でいくのがよいのかという最適なプランニングを提供してくれるからです。
    そして、1社のみならず、複数業者に相談してみることがよいでしょう。



    それぞれの業者には自社特有の技術などがあるので自分の敷地の駐車場については、どれがよいのかという各社の意見を比較検討してみて決定するのがよりよい意思決定になるからです。

    そして、sの中において、建設コストの比較を行いますが、さらに、建設後の管理について、自社の営業所等があり管理を担当してくれるか、または、提携管理会社等により管理するサービスがあるかも確認しておくべきです。