• 立体駐車場の多段式が可能なメーカー

    機械式の駐車場を検討しているのなら、立体駐車場のメーカーに問い合わせて相談しましょう。

    立体駐車場のメーカーの専門技術を身につけましょう。

    限られた敷地面積でも、多くの駐車台数を確保できるのが多段式と呼ばれるタイプです。


    多段式の立体駐車場は、小規模から施工できるのが魅力です。


    メーカーによっては、同じ多段式であるのならとタワー式を勧める場合もありますので、予算を確認しながら話し合って決断しましょう。

    多段式の立体駐車場は、定期メンテナンスが必要になります。

    定期メンテナンスの費用は、タワー式よりも低コストで済ませられる場合も多いので、安全性と費用を両面的に把握しましょう。



    安全性は、間口の広さとも関連してきますので、設計図面で説明してもらうと分かりやすくなります。メーカーによって駐車可能台数が異なる場合があります。機械式ですから、安全性も大切です。

    限られた敷地面積や、旗状の敷地の場合は、自動車の出入り口を確保するうえでの設計バランスがあります。安全に自動車が駐車して、安全に発車できる環境に整えるのがポイントです。

    多段式の立体駐車場は、建築コストがかかりますが、タワー式と比べて修繕工事を行いやすいメリットがあります。
    定期メンテナンスの費用は、規模の大小に関係なく、ほぼ同じくらいの予算で済む場合が多いのですが、実際に修理や修繕が必要になった場合は、面積と容積が小さいタイプのほうが低コストで工事できます。
    立体駐車場を低コストで運営し、リフォームの際にもコスト抑制をしたいのなら、多段式がオススメです。