マンションを探す時は駐車場もチェックしよう
  • 立体駐車場のメーカーごとの特色

    同じように見える立体駐車場ですが、メーカーによって特色があります。


    賃貸経営で立体駐車場を検討している場合は、施工実例の豊富なメーカーに相談するか、収益実例を現地開設してくれるメーカーに相談すると良いでしょう。

    立体駐車場のメーカーの情報を求める人におすすめです。

    施工実例が豊富な場合は、オーナーの趣向と敷地面積の広さと形状の違いにも注目しましょう。

    メンテナンス性に優れている立体駐車場は、コストダウンしやすくなり、収益性を高められます。

    収益実例を見学するときに、具体的なメンテナンス費用や、過去のリフォーム実績を説明してもらいましょう。

    立体駐車場は、電気系統がポイントです。将来的には太陽光パネルを搭載して、蓄電池を活用する方式が理想的です。


    立体駐車場を利用するときの電気が、自家発電のみで機能するようになるからです。



    維持費のなかでも光熱費は必要経費であると共に、省略できない要素です。
    太陽光発電と組み合わせれば、売電による収益拡大も見込めます。

    立体構造の枠組みにおける屋根に該当する箇所を施工してもらえると、将来的に活用できるスペースになります。


    メーカーによっては、太陽光発電にも取り組んでいますので、駐車場の屋根への活用技術など、説明を受けておくと良いでしょう。


    現時点での予算に応じて、規模や構造は変更できます。



    リフォームに対応して、将来的に設備を増設する方法もあります。

    太陽光発電と連携しなくても、どれだけの運用コストとして光熱費が必要なのかも、メーカーから説明を受けておきましょう。

  • 駐車場の納得の知識

    • 機械式の駐車場を検討しているのなら、立体駐車場のメーカーに問い合わせて相談しましょう。限られた敷地面積でも、多くの駐車台数を確保できるのが多段式と呼ばれるタイプです。...

  • 駐車場の事柄

    • 郊外型の大型ショッピングモールなどに出かけると、地上から何階もあるような駐車場が見受けられます。立体駐車場というとこのようなものをイメージしますが、より細かく立体駐車場をみていくと、入口からスロープにより自走して2階、3階へと上の階に上がっていく自走式駐車場と一階部分で車を入庫する際に、窓口の係員等の誘導で一定の場所に駐車してその車がエレベータ−等の機器によって所定の場所まで移動させられ駐車されるタワー式の駐車場とがあります。...

  • 駐車場の重要知識

    • 賃貸経営を一切の手間をかけずに行いたいと考えたら駐車場経営はもっとも負担の少なくできる選択肢の一つです。駐車場にできる土地さえ手に入れればそれが狭くても、車を停められるスペースさえあれば問題なく経営に利用することができます。...

  • 駐車場の対策方法

    • 自動車を所有している方が不動産物件を探す時は、駐車場があることが条件の一つになるでしょう。マンションやアパート等の賃貸物件には駐車場が設置されている件と設置されていない物件がありますが、駅の近くに建築されている物件になると駐車場のスペースまでは確保されていないことが多いでしょう。...